光で美肌を作る

フォトフェイシャルはフラッシュ光をパッと肌に浴びせることによって、お肌を美から遠ざけているさまざまなモノを取り払い、美白を実現します。肌に負担をかけない、優しい「光」です。

詳細を確認する

たるみとシワを消す

ヒアルロン酸という成分はたるみやシワを消すことが出来る成分で、化粧品や食品から摂取することが出来るほか、美容クリニックで行われる「注射」によってもとりこむことが出来るものです。

詳細を確認する

冷やして脂肪を除去

脂肪吸引には様々なものがありますが、その中でも注目を集めているのが「ゼルティック」です。脂肪を凍らせて除去するという画期的な方法により、ダイエット効果を発揮します。ここでは、そのゼルティックについて紹介します。

詳細を確認する

臭いとおさらば

保存療法か手術療法かによって、わきが手術の費用は大きく変わってきます。保存療法はワキ毛の処理によって、汗や腋などの分泌物がワキ毛に残って臭いを発するのを抑える方法があります。またアルコール消毒やA型ボツリヌス菌注射による、アポクリン腺やエクリン汗腺の活動抑制などの療法があります。 これらの保存療法は総じて費用が手術療法に安めです。ボツリヌス菌注射でも2万円から3万円程度で行えて、6ヶ月ほど効果が持ちます。一方で手術療法は、効果が半永久的に望めるため、費用も高くなります。 例えば剪除法と呼ばれる、最もポピュラーな手術では、わきがの原因であるエクリン汗腺やアポクリン汗腺を除去しますが、その費用としては30万円ほどとなり、保険適用が効いても5万円前後となります。

現代の人の多くが悩みとなるのがわきがの臭いですが、もちろん昔の人も同様に悩みを抱えていました。わきがは腋臭とも漢字で書きますが、元々の語源は脇草及び腋香から来ています。 わきがは古い文献でも記述が残っており、例えば「万葉集」においてもある朝臣の脇の臭いについて不満を述べる歌が収録されています。このように和歌に載るように強烈な臭いを放つ人も居たことからも、その臭いは当時から問題になっていた事が窺えます。 現在ではわきが治療が発達しており、その完治も十分可能となっています。剪除法と呼ばれる古くから行われてきた、皮膚を切開して汗腺を取り除く手術法に加えて、近年はマイクロウェーブ法と呼ばれる、皮膚を切開せずに治療できる手段も登場しています。

関連リンク