冷やして脂肪を除去

ゼルティックは、志望を凍結させて除去する従来にない治療方法です。 麻酔、メス、注射は全く必要なく、確実に脂肪を除去できるとして話題になっています。 また安全性も高く、ダウンタイムも必要ないので、より注目さています。 しかし、人によってはゼルティックを受けられない人や、受ける際に医師に相談が必要な人もいらっしゃいます。 まず、治療を受けられない人は、クリオグロブリン血症疾患患者、発作性寒冷血色素尿症患者です。 医師に相談が必要な人は、レイノー病、寒冷じんましん、皮膚疾患、ヘルニアを患っている人です。 この他にも、傷跡がある部分や1mm未満の皮下脂肪の部位に治療を希望する場合も医師への相談が必要です。 また稀に治療後に、皮膚が赤くなることがあります。 数日経っても引かない場合は医師へ相談してください。

ゼルティックは、2008年にアメリカのハーバード大学医学部の博士の研究を元に開発され痩身器です。 クール・スカルプティングと呼ばれることもあります。 発表直後から、痩身効果の高さが世界中から注目されました。 翌年には早くも、カナダとEUにて認証されます。 本国のアメリカでは、2010年にFood and Drug Administrationを取得し、痩身効果が認められました。 Food and Drug Adnimistrationを直訳するとアメリカ食品医薬品局です。 高い痩身効果と高い安全性を兼ね備えた最先端の医療機器です。 これから益々の改良でより高い効果が得られるものへとゼルティックが進化していくことが期待されます。